ワードプレス


管理人いつの時代を生きてんだよ。

いいかな。ワードプレスっていうのはOSSおーぷんそーすそふとうぇあです。無料のWebソフトです。話の腰を折りますが、一般論としてシステムには、大きくわけて4つの種類があります。

  • アプリケーション
  • ミドルウェア
  • OS
  • ハードウェア、ネットワーク

アプリケーションはOS上で実行されるプログラム。OSはコンピュータを動かすひと。ミドルは上記以外の曖昧な定義。基本は機能拡張やアプリの共通機能を指すことが多いかな。ハードはコンピュータや仮想マシン、ネットワーク層のことです。

OSSおーぷんそーすそふとうぇあ

管理人はConohaWingサーバ使ってワードプレスをしてます。これは、サーバはハード。OSはAndroid、iOS、WindowsやLinux。アプリはワードプレスということです。ちなみにConohaはphpMyAdminというSQLサーバー(DB)へつなぐ橋渡しの機能を使ってます。これもOSS。これを介して記事を保存して、実行処理のたびに記事を呼び出してくるわけですね。最初管理人はわからなくて何が何やら。え、どこから来たの???と謎でした。

OSSは無料で利用できます。OSならLinux、アプリなら数多の企業や個人グループが提供しています。.htaccessのApacheもOSSです。もちろん、OSSには危険性もあります。ソースコードが公開されておりますから、悪いことしようとする人はこれを逆手に利用します。SSLがあります。インターネット上のやりとりを暗号化する。ちょうどURLアドレスのhttps://~のsの部分ですね。今から5年ほど前にこれの脆弱性が一部指摘されてまして、、、という問題がありました。これもOSSです。ほんとはTLSが正式な呼び方らしいんだけど昔の名残です。

ワードプレスはもちろん様々なレンタルサーバ会社がインストールできるように、価格帯が一番安いプランで標準装備だと思います。管理人はエックス、エックス言われるのに嫌気がさしてConohaにしました。一番はXつかってた人がConohaに乗り換えたという記事を拝見したことが大きかったです。それはまた別のお話。それに管理人、一番は嫌い、蓮舫さんとは気が合うわ。1番のは評価を実質以上に水増ししたハリボテにしか見えんし期待ギャップが大きいから、だから悪い評価もちゃんとある堅実なサブの2番や3番を選ぶ訳です。Conohaはスピードがいいらしいけどどうなんやろ。あくまで日本国内限定の話じゃないかなと、海外の人がアクセスしたときの速度はまた別だよね。ひとまずDisってから褒め称えよう。

Conohaのいいところは、今は単純にキャンペーンしてるという事、サーバ間の乗り換えキャンペーンや純粋に新規契約される方どちらも対象です。管理人はキャンペーン対象外でして悔いが500本くらい心に突き刺さりました。さて、Conohaのいいところはプラン変更ができるので安いプラン(ベーシック)からどんどんアップグレードすることができます。これはいいと思います。たかだか今現在の契約者数が15万弱ですから、設備の余裕があって標準の1個下の最低のプランでもそんなに国内だと遅さは感じません。Webサイトは3秒で描画されなかったら離脱されます。そんなに待ってくれませんし、通信速度制限中であればなおさらです。さよなら。そこで真打登場、Conoha様という訳で契約しました。

WordPress

ほんでわーぷーの何がいいかというと、プラグイン使えてレスポンシブ対応のテーマが入ってることです。自分で自作する必要がない。悪魔のような囁きに苛まれます。楽ができるということです。記事を書くことに力を注ぐことができます。もちろん、最悪の事態に備えてワードプレスと契約サーバ、DBサーバの仕組みがどのようになっているか確認するためにも、システム停止からの復旧の訓練の為にも一度ワードプレスをインストールして遊んでから1週間以内にアプリ削除して再インストールすると理解が深まります。管理人は最初なにがなにやら状態で手が付けられない5歳児でした。そんな壊れるものでもないし、入れて壊さず消してまた入れると繰り返してたら理解は深まります。そんなにワードプレスは大きなファイルではありません。

契約と設定

Conohaだけの場合を記しますが汎用性はあると思います。おそらくどこも似たようなものかと。

  1. レンタルサーバ契約(エックスかConohaがおすすめ)
  2. サーバ契約上クレジットカード決済かプリペイドの入金が必要(デポジットかな)。
  3. ワードプレスをインストール
  4. DBサーバにログインしていじる
  5. FTPの設定をする。
  6. 各種テーマ関連のファイル(php、Java、JQueryなど)、余裕があれば.htaccessを触る。Conohaに言及すればConohaのトップページからログインした遷移画面のコントロールパネルから触れます。
  7. 悩む
  8. 消す
  9. 入れる(再度インストール)
  10. バックアップの設定をする。HDDや2つほどのクラウドサービス(雲の方)がお勧めです。勿論1つずつファイルをパソコンやiPhoneに移動させてから作業してもいいですけれど、消えるとき綺麗に跡形もなく消えます。
  11. FTPの設定をする。
  12. 記事をかく
  13. 余裕があれば各種ファイルをいじる


このはういんぐ

このはういんぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です